以前にヒルドイドクリームの記事をアップしました。

今回はヒルドイドのゲルの話を少し。。。

Hirudoid Forte を買おうと思ったら品切れ中とのことで、
替わりに「Forte Gel」が並んでいました。

クリームの入荷を待ってもよいのですが、
使った事のないものは使ってみたくなる性分なので、試してみる事にしました。

Webで、「クリームよりべたつく感じ」というのを見た事があるのですが、
  使った感想は、
      ゲルはやはりゲルです。

塗ったらすぐに乾いたという印象で。。。
もちろん潤いはありますが。。。
やはりクリームの方がシットリする感じですね。

塗った直後は薬っぽい臭いがツーンとするのですが、
これは恐らくアルコール臭で、すぐに飛びました。


・・・ 使用感についてはこの程度なのですが、
違うところに興味を惹かれました。

日本語で「ヒルドイドフォルテゲル」とWeb検索をすると、

  日本で販売されている「ヒルドイドゲル0.3%」と、
  
  ヨーロッパの第一三共が製造している「Hirudoido Forte Jel」

この2種類が検索に上がって来ました。

日本の物には英語も記載されていて「Hirudoid Gel」となっています。

「ジェル」なのか「ゲル」なのか???


手元にあるタイのそれは「Hirudoid forte GEL」です。
スイスのMedinovaが販売しており、ドイツの製薬会社が製造しています。

・・・タイのHirudoidクリームも同じMedinovaが販売会社ですが、製造はタイ国内です。


ドイツの第一三共製品の方は香港や中国圏内で販売されいるようで、パッケージに中国語の記載もあります。

   同じ製品なのに何だか複雑です。


ちなみにジェルとゲルについては、
正確には違うものらしいのですが、この場合は言い方違いで中身は同じなのだろうと勝手に考えております。

日本では成分量 0.445g のフォルテは販売されていないようですが、
逆にドイツ製の方は0.3%のゲルがありません。

   
   Hirudoid Forte GEL   





スポンサーサイト
2017.10.17 / Top↑

薬局で普通に販売する薬でも、パッケージに「ยาอันตราย」(ヤーアンタラーイ/危険薬)と赤文字が印刷されているお薬は、薬剤師が管理しなくてはならないのですが、薬剤師が居れば普通に販売されています。

しかしながら2ヶ月くらい前に「デキストロメトルファン」という薬剤が含まれる咳止めなどを販売する際には、「販売日と購入者、販売数量などの記録をとること」とタイのFDAより御触書が届きました。

この薬剤、咳が酷いときに喉飴的(と言っても使用方法があります)に服用する Strepsils のDry Cough Lozengesにも入っていて、子供用のシロップにも入っていますし、ちょっとびっくりです。

かなり昔の話になりますが、風邪薬に含まれている「エフェドリン」という薬剤の取締りが厳しくなった事があります。2012年くらいだったと思います。タイではこの薬剤を風邪薬から集めて、覚せい剤的な薬が製造されるという問題があり、他国では風邪薬として販売され続けるも、タイでは厳しく取り締まりがありました。

この「デキストロメトルファン」についてもそんな感じの理由のようです。

ちょっと調べてみたところ、2010年のニュースですが、タイの小学生がそれとは知らずに大量(多い子で1回に20錠くらい)に摂取して80人以上もの児童が緊急搬送されたとの事。
飲んだ理由が「元気になる」「教師に叩かれても痛くない」「気分が高揚する」という評判が広まったらしいのですが・・・10歳前後の子供に誰がそんな事を言ったんでしょっ?!

というより、2010年の記事ですし、何故に今頃なんでしょう??
この子供のニュースからすぐに学ぶものはなかったのでしょうか。

今更でも取扱いに注意するにこしたことはありません。
ニュースには出ていないながらも、また何かあったのかもしれませんね。

薬剤師に聞いたところでは、薬局によってはFDAの通達を無視するところもあるんじゃないかな?という事です。

ちなみにこのお薬ですが、多用しない限り問題はありませんのでご安心を。
  
デキストロメトルファン







2017.10.06 / Top↑
10月2日月曜日

朝から黒い服を来た人が多く見られます。
市場でも少し前から黒い服を売る業者が見られました。

昨年の10月13日に、長きに渡ってタイの父として国を治められていたラマ9世が死去され、1年を過ぎた今月の26日に火葬が行われます。
いよいよお別れです。


日常的にはなんら変った気はしませんが、
確実にタイの一つの時代が終わり、新しい時代が来るのだと思います。


   ラマ9世

     ご冥福をお祈り申し上げます。



2017.10.02 / Top↑

痛くも痒くもないのですが。。。
気付いたら布ズレで白いニキビのようなできものが!
膿が出そうだったので出してしまったのですが・・・ とにかく臭い!

これ、アテローム(粉瘤)というものらしいですね。
なんと、脂肪が大好物なバクテリアが増えて住処になってしまうらしいです。

気になってつまんでみたら中身が出そうな感じだったので、
強めにしごいたらちょっと出てきました。
でも無理をすると反って炎症を起こさせてしまうと思ったので途中でやめました。

「何か薬でも塗っておこう」とは思ったのですが、適当なものが何もなく、
とりあえず消毒シートで拭いてからプラスターを貼っておきました。


以前から都度思い出すんですが、適当なものが常備薬として「ない」のです。
毎回、『のど元を過ぎたら忘れる』ので、必要な時に「ない」事を思い出すのです。
日本だったら昔々から愛用してきたオロナイン軟膏を塗るところなのですがね。

ということで、この機に「とりあえず塗っとく」用の軟膏がないかを探しておく事にしました。


今更ながら驚いたのは、オロナイン軟膏の成分と先日ご紹介したマウスウオッシュの成分が同じだったという事。私、オロナイン軟膏の成分を知らずに使っていました(苦笑)

先日歯医者で同マウスウオッシュを出してもらってちゃんと使っているのですが、「え?オロナイン軟膏で口を濯いでいたの?」と今更ながら驚きです。

同成分でマウスウオッシュがある事はわかりましたが、軟膏などは見当たらないようです。
それでは、「タイでは何を使うのか?」 ということで探しました。

擦り傷、切り傷、火傷などに消毒作用もある外用薬として、まずはおなじみの赤チン、ヨードチンキが上がってきました。ガーゼやコットンを使用しない場合液体では垂れてしまうので、ちゃんと軟膏タイプもあり、ヨウ素に対するアレルギーがなければかなり安全な外用薬だと思います。

それでも「色が付くから不便」という事もありますね。

色が付かないものということで、薬剤師からいくつか紹介してもらった中から”フシジン酸軟膏”を取り上げます。
こちらも殺菌作用があり、外傷火傷の消毒に使用できます。

細菌と炎症と言えば『化膿したニキビ』を連想しますが、もちろん使用可能との事で、日本でも”フシジン” 何とか軟膏などの製品が販売されているようです。

ヨードチンキです。
赤チン 


こちらが ヨードチンキの軟膏 (Bactedene)
赤チンのクリーム中身


クリームも赤いです。
赤チンクリーム色



こちらが  Fucidin (フシジン)
フシジン










2017.09.26 / Top↑

以前ご紹介しましたマンゴスチンの喉スプレーに、携帯サイズが出ました。

もともとの商品でも充分携帯サイズなので、『更なる』を加えました。

マンゴスチンエキス入りの方がいいんでしょうかね。

   マンゴスチン喉スプレー携帯



大きさ比較の為に代表的なヤードムを並べてみました。

  マンゴスチン喉スプレー携帯とヤードム   

ほぼ同じくらいの大きさです。

最近のバンコク、
日中はソンクラーンを髣髴させるような、刺すような日差しで、
突然雨が降って蒸したり涼しくなったりで、体調も壊し易いようですね。

聞いた話ではインフルエンザが流行してしまっているところもあるらしいです。

風邪にはお気をつけ下さい。




2017.09.15 / Top↑