FC2ブログ

縁あって、手作りの石鹸屋さんと知り合いました。

以前からタイの石鹸といえば「マンゴスチン石鹸」や「ノニ石鹸」はおなじみで、
それ以外にもライスミルクやウコン、タナカ・・・などなどさまざまな石鹸が作られています。

当店の棚にも「マンゴスチン石鹸」や「ノニ石鹸」はごく普通に並んでいて、それ以外にもタイの田舎の業者さん手作りの石鹸や、建物マークで有名なアパイブベート病院(Chao Phraya Abhaibhubejhr Hospital)の石鹸も並んでいます。

          ↓ この絵柄
    アバイブベー病院


いずれも日本の方にはすでにおなじみの石鹸ですね。

でも・・・
日本には数え切れないほどの種類の良い石鹸が販売されていて、タイ在住邦人としては日本の手作り石鹸が欲しいなと思ったりします。 
これが 『ない物ねだり』 という心理なのでしょうね。


さて知り合った石鹸屋さんのお話ですが、
この業者さんの作った石鹸で、当店従業員一同が絶賛した石鹸に出会いました。

   塩石鹸 

無添加なのでネットを使用しない場合は泡立ちが悪い感がありますが、ネットを使用すればバッチリ泡立ちます。
そして "無添加なので" 泡切れも良し! さっぱりでもつっぱらない。

当店職員皆で使用した共通の感想は、「肌のキメが細かくなってきた気がする」というものと・・・

      体臭がしなくなった!!

ジワジワといつの間にか気温も湿度も上がりつつある今のバンコクでは、とてもありがたいお話ですね。

当店の従業員は皆、タイ人女性にしてはめずらしく香り物(シャンプーやパウダー、コロンなど)を使用しないので、特に実感出来た点だったようです。
私にとっても、暑さで肌にアレルギーが出やすいたい質で、デオドラントも使用できない時があるのでありがたいことです。

さて、このお塩の石鹸、
ショールームにあったものの「今のところ販売はしていない」との事だったので、当店店頭販売用に"お試しサイズ(15g)”を作ってもらいました。

タイ人にはまだ『泡立て用のネットを使用する習慣』は一般的ではないとのことだったので、泡立てネットも付けました。


        石鹸と泡   


お試しサイズなのでボディーには使いづらいですが、ボディータオルで使用可能です。
小さいので洗顔にはちょうど良く洗い心地もよいので、洗顔が楽しみになりました。

スポンサーサイト



2015.03.09 / Top↑