FC2ブログ

過去の記事を振り返り、
意外や意外、
このサプリについて取り上げた事がありませんでした。

ということで、タイではおなじみのプエラリアミリフィカ”白ガウクルア”のサプリについて記事をアップする事に致します。

タイの北部で採れるのでタイでは身近な物なんですが、少し前までは当薬局には置いていませんでした。何故なら、タイ人で服用している方があまりいないようで、需要がなかったのです。
タイの婦人科のお医者様が「強すぎるので服用はお勧めしない」と言われるくらいなので、タイの方は服用するのが怖いものだと考えているようです。

量や期間を加減をしながら服用するような物に関しては、そういったことが苦手な国民性だと思うので、「怖い」ので、服用しようと思わないのでしょう。

私見ですが、そんな危ないものをタイFDAが許可して、複数の製造会社が販売するわけがないんですけどね。(オーストラリアやニュージーランドの国のギャランティーがあるプラセンタも登録許可しないくらいなのに)

さて、タイ市場に流通のある白ガウクルア(プエラリアミリフィカ)サプリメントですが、いくつかブランドがある中、当店の棚にはヤンヒー病院 Ya Capsule Guao Krua Bio (ヤー カプセル ガウ クルア バイオ)という商品を置いてみました。

他のヤンヒーサプリを入れたので「ついでに」というのが始まりですが、
もともとタイ人のお客さんから聞かれる事はなくとも、外国人、特に日本人のお客様からは聞かれることは少なくなかったからです。

プエラリアミリフィカはバストアップを目的とするサプリで知名度が上がったようなのですが、植物性エストロゲンを豊富に含むということで、最近では更年期症状の緩和目的で服用されることが増えてきました。

このヤンヒーのカプセルの成分を見てみましょう。

プエラリアミリフィカ pueraria mirifica 85.5mg
白ガウクルアとも呼ばれています。
主成分で、植物性エストロゲンを豊富に含みます。

ボエセンベルギアバンデュラタ boesenbergia pandurata オオバンガジュツ 66.5mg
紫ウコンの事です。
血中コレステロールを排出する働きがあるとのこと。
利尿作用や抗菌作用があり、胃腸、肝臓のための漢方薬にも配合されているようです。

エウゲニカカリオフィルス eugenia caryophllus  28.5mg
クローブの事です。
鎮痛、抗菌効果、抗酸化作用、血行促進など

グリシルリザグラブラ glycyrrhiza glabra  9.5mg
スペインンカンゾウという名前の方が身近ではないかと思います。
鎮痛、去痰、解毒、抗炎、抗ウィルスなどの生薬に配合されるようです。
こちらは副腎皮質ホルモンの類似作用との事。

タイ製のサプリメントはガウクルアの含有量を抑えたものが多いようです。
85.5mgですから、かなり抑えられていると思います。


さて、今回このヤンヒーのカプセルの成分をちゃんと確認して改めて思ったこと。
漢方やアユルベーダ、タイの生薬をうまく組み合わせていてすごいなぁ・・・と、今更ですが感心してしまいました。(って、エラそうにすみません  )

プエラリアミリフィカ単体で服用するより吸収されやすくなるように他のハーブが選択されているんですね。カプセルもアジア人でも飲み易い小さ目サイズで、お手軽価格だと思います。

自然の恵みではありますが、あくまでも強い薬効がありますので、服用される方はくれぐれもご注意下さいませ。

    Yanhee guaokura




スポンサーサイト



2017.01.23 / Top↑