FC2ブログ

暑い日が続きますね。
この時期は暑いとわかっていても、「暑い、暑い」と無意味にぼやいてしまいます。

外がこれだけ暑いと少し冷房が効いたくらいでは涼しいと感じず、どうしても冷房が強くなり、汗をかいた後に体を冷やす。。。これを繰り返して、結果として”風邪をひくことが多くなる”わけです。
わかっていてもやってしまうのです。
というか、暑くて眠れないので眠るために冷房を入れっぱなしにして寝て、そんな毎日の中、ちょっと体力が落ちたりすると風邪にやられてしまうという感じです。

昨夜から、急に喉に痛みを感じ始めました。
今朝も相変わらず痛くて、喉以外に症状はありませんが喉の痛みが出たら危険信号です。

ということで早速薬剤師に相談しました。
勧められたのは、タイでは定番のイギリスの喉飴『Strepsils』
たくさん種類がありますね。
以前からこの種類の各違いに興味を持っていましたので、この機にちょっと調べてみました。
まずは私が購入した3種類から

① 病院に行って、よく私が処方されるブルーのDry Cough Lozenges
乾いた咳が出ている時ですね。
はっきり言って味は、思い切り『まずい』と思います。薬っぽい苦さ。
これには”デキストロメトルファン”という薬成分が入っていて、鎮痛、鎮咳の作用があります。
4時間置きになめる。

② 濃いブルーの小さ目のパッケージ、Maxipluzz
ジクロベンジルアルコール、アミルメタクレゾール、リドカインという薬剤が入っています。消炎、鎮痛作用。リドカインって皮膚麻酔や歯の痛みを止める薬剤などに使用されている薬剤で、局所麻酔などによく使用されているものです。これを喉飴に入れてあるってすごい。
味は強いメントールで、強めのミントを口にしているような感じです。舌にピリピリと感じるのがリドカインのせいかしら?
毎2~3時間に1粒、1日に8粒までが限度となっています。

③ ワインカラー(というのでしょうか?)のMaxpro
1つだけ薬剤師管理の棚の中にありました。
フルルビプロフェンという薬剤が使われています。これは非ステロイド系の抗炎症剤で、鎮痛・消炎に利用されます。日本の情報を見るとテープ類などの貼り薬によく使用されているようです。
これまた、これを喉飴に使ってしまうってすごい。
3~6時間置きに1粒、1日の限度数は5粒。
味はHoney & Lemonで、個人的には①や②に比べて全然おいしい。薬っぽくない。

今回はこの3種類で喉の症状が治まるか試してみようと思います。

上記①~③は私自身が購入したものですがStrepsils(ストレプシルズ)の種類はこれだけではありません。
●アンブロキソールという成分を配合した去痰用のChesty Cough Lonzenges
1日3回、1回1粒 10歳~服用可能
●ビタミンCを配合したオレンジ
2~3時間おき 6歳~
●ハニーレモン
2~3時間おき 6歳~
●ノンシュガーのシトラス
2~3時間おき 6歳~

薬剤の成分にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。
いろいろあって混乱しやすいので、『その時の症状にあったもの』と『その使用方法』はご購入の際に薬局で聞いて頂いた方がよいと思います。

Strepsils4 
非ステロイド系の抗炎症剤
Strepsils2
左が乾いた咳用、右が去痰
Strepsils3
リドカイン入り、つよ~いメントール
Strepsils1
上からハニーレモン、オレンジ+ビタミンC、ノンシュガーのシトラス





スポンサーサイト



2016.04.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://meds21pharmacy.blog.fc2.com/tb.php/109-701ac656