FC2ブログ

タイ人はよくお腹を壊します。


    ท้องเสีย (トーンシア)


タイ語で「下痢をする」という意味です。
原因を聞くと、相当な確立で 「ソムタムを食べた」 と返ってきます。
私もソムタムは好きですがお腹を壊した経験がありません。なので、「どんなところでどんなソムタムを食べるのか?」毎回興味をそそられます。


さて、そのような「トーンシア」のためのお薬を求めるタイ人のお客さんの、売れ筋を紹介致します。

    CA-R-BON

これは活性炭です。 英語ではActivated Carbon 又は Charcoal という記載があります。
日本ではデトックス用として商品化されていますね。

活性炭は日常生活で、たとえば冷蔵庫の消臭剤なども身近です。臭いを吸い取ってくれるわけですね。
医療用の活性炭の成分は体内の不要物を吸いつけて体外に排出させてくれるのだそうです。
お腹を壊した原因は悪い食べ物とそれに付着した細菌なので、「まずは活性炭で掃除しましょう」という理解でしょうか。

タイ製の活性炭「CA-R-BON」は1シート10カプセルで25~30バーツ程度です。
1回2~3カプセル/1日4~5回なので1シートでは足りないと思うのですが、皆さん「とりあえず1シートを飲んで様子をみる」らしく、ただ、それにこれだけでは下痢は止まりません。

当店で下痢止めとしてよく売れるのが、

    Imodium


こちらも6カプセル1シートという少量パックですが、
 
 “初回は2カプセル、その4時間後に1カプセル、以降毎4時間に1カプセルずつ服用”

という感じなので、
6カプセルという数量は少ない気がしますが、6カプセル以内でとりあえず下痢が止まるのでしょう。
タイの薬は『使いきりサイズ』も多いのでありがたいですね。

活性炭と下痢止めは一緒に飲んではいけません。
下痢を止めると同時に活性炭も腸の掃除をやめて、毒素と一緒に体内にとどまってしまうかもしれません。
なので順番としては、

  ① まず活性炭を飲む
  ② 2時間空けてから下痢止めを飲む

と説明しています。
もちろん、下痢が止まった後の便は・・・真っ黒のはず(苦笑)


タイ製の活性炭カプセルとドイツ製のタブレットがあります。
ドイツ製はメディカルチャコール250mg、タイ製は260mgで、ドイツ製はタイ製の約倍のお値段ですが、いずれにしろ高いものではありません。

       Carbon 
                 タイ製の「CA-R-BON」

          Chacoal
        ドイツ製の「Ultracarbon」 “ウルトラ”カーボン です(笑)

      
       Imodium
                下痢止めです。



スポンサーサイト



2015.03.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://meds21pharmacy.blog.fc2.com/tb.php/16-36c830f5