FC2ブログ

薬局で普通に販売する薬でも、パッケージに「ยาอันตราย」(ヤーアンタラーイ/危険薬)と赤文字が印刷されているお薬は、薬剤師が管理しなくてはならないのですが、薬剤師が居れば普通に販売されています。

しかしながら2ヶ月くらい前に「デキストロメトルファン」という薬剤が含まれる咳止めなどを販売する際には、「販売日と購入者、販売数量などの記録をとること」とタイのFDAより御触書が届きました。

この薬剤、咳が酷いときに喉飴的(と言っても使用方法があります)に服用する Strepsils のDry Cough Lozengesにも入っていて、子供用のシロップにも入っていますし、ちょっとびっくりです。

かなり昔の話になりますが、風邪薬に含まれている「エフェドリン」という薬剤の取締りが厳しくなった事があります。2012年くらいだったと思います。タイではこの薬剤を風邪薬から集めて、覚せい剤的な薬が製造されるという問題があり、他国では風邪薬として販売され続けるも、タイでは厳しく取り締まりがありました。

この「デキストロメトルファン」についてもそんな感じの理由のようです。

ちょっと調べてみたところ、2010年のニュースですが、タイの小学生がそれとは知らずに大量(多い子で1回に20錠くらい)に摂取して80人以上もの児童が緊急搬送されたとの事。
飲んだ理由が「元気になる」「教師に叩かれても痛くない」「気分が高揚する」という評判が広まったらしいのですが・・・10歳前後の子供に誰がそんな事を言ったんでしょっ?!

というより、2010年の記事ですし、何故に今頃なんでしょう??
この子供のニュースからすぐに学ぶものはなかったのでしょうか。

今更でも取扱いに注意するにこしたことはありません。
ニュースには出ていないながらも、また何かあったのかもしれませんね。

薬剤師に聞いたところでは、薬局によってはFDAの通達を無視するところもあるんじゃないかな?という事です。

ちなみにこのお薬ですが、多用しない限り問題はありませんのでご安心を。
  
デキストロメトルファン







スポンサーサイト



2017.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://meds21pharmacy.blog.fc2.com/tb.php/189-f5397bb8