FC2ブログ

以前にヒルドイドクリームの記事をアップしました。

今回はヒルドイドのゲルの話を少し。。。

Hirudoid Forte を買おうと思ったら品切れ中とのことで、
替わりに「Forte Gel」が並んでいました。

クリームの入荷を待ってもよいのですが、
使った事のないものは使ってみたくなる性分なので、試してみる事にしました。

Webで、「クリームよりべたつく感じ」というのを見た事があるのですが、
  使った感想は、
      ゲルはやはりゲルです。

塗ったらすぐに乾いたという印象で。。。
もちろん潤いはありますが。。。
やはりクリームの方がシットリする感じですね。

塗った直後は薬っぽい臭いがツーンとするのですが、
これは恐らくアルコール臭で、すぐに飛びました。


・・・ 使用感についてはこの程度なのですが、
違うところに興味を惹かれました。

日本語で「ヒルドイドフォルテゲル」とWeb検索をすると、

  日本で販売されている「ヒルドイドゲル0.3%」と、
  
  ヨーロッパの第一三共が製造している「Hirudoido Forte Jel」

この2種類が検索に上がって来ました。

日本の物には英語も記載されていて「Hirudoid Gel」となっています。

「ジェル」なのか「ゲル」なのか???


手元にあるタイのそれは「Hirudoid forte GEL」です。
スイスのMedinovaが販売しており、ドイツの製薬会社が製造しています。

・・・タイのHirudoidクリームも同じMedinovaが販売会社ですが、製造はタイ国内です。


ドイツの第一三共製品の方は香港や中国圏内で販売されいるようで、パッケージに中国語の記載もあります。

   同じ製品なのに何だか複雑です。


ちなみにジェルとゲルについては、
正確には違うものらしいのですが、この場合は言い方違いで中身は同じなのだろうと勝手に考えております。

日本では成分量 0.445g のフォルテは販売されていないようですが、
逆にドイツ製の方は0.3%のゲルがありません。

   
   Hirudoid Forte GEL   





スポンサーサイト



2017.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://meds21pharmacy.blog.fc2.com/tb.php/190-faef13e1